<< ■今日の仕事■ ■やさしい蒼■ >>

■ズームUP・やさしい蒼■

8月の個展に向けて作ったやさしい蒼の釉薬。どうかな?
もっと近くで見てくださいね。
こんな感じです(*^-^*)
b0073179_947536.jpg

[PR]
by monoraa | 2006-05-10 09:52 | 器【陶芸】 | Comments(10)
Commented by concept-if at 2006-05-10 22:57
淡い蒼の色がやさしい印象を与えます。
自分で釉薬を作ってるなんて、すごい!!
本を見て作ったりするのですか?

個展は、どれ位の広さの会場でやるのですか?
何点くらい展示予定なのですか?
質問ばかりでスミマセン。
Commented by umix-cima at 2006-05-11 06:29
優しげで涼しげ。近くで見るといっそう夏向きの器ですね。
魚紋も似合いそう^^

以前釉薬を作った際、何か配合を間違えてしまったらしいのですが
捨てることもできずに焼いてみたら、
オリジナルよりいい感じになってしまって、うれしい、でも再現性ナシ!
になってしまったことがあります。
そんなオバカな失敗してるの、わたしだけかしら??



Commented by artofnature at 2006-05-11 14:01
夏に涼を呼ぶお皿!素敵です。 
ちょっと忙しくしていたら、たくさんの投稿に感嘆しながら、
拝見しています。
釉かけが微妙な濃淡に仕上がっていて、
どうやってかけたのかな?教えて頂きたいです。
m(._.)m おねがいします。
Commented by thousand-spring at 2006-05-12 21:24
やさしい蒼、実際手にとって見てみたい。
Commented by monoraa at 2006-05-13 14:15
■concept-ifさま
個展は、20畳くらいの広さの昔の蔵の2階でします。
展示数は、300~400点くらいかな?
販売可なので、しっかりと持って行きます(*^-^*)
釉薬は、そうですね。いろいろ本とかも出ているので、
いろいろ調べて、オリジナルを作り出していけたら
いいですね。
Commented by monoraa at 2006-05-13 14:27
■umix-cimaさま
そうですね~。偶然の産物ありますね。
Commented by monoraa at 2006-05-13 14:36
■artofnatureさま
左奥のは、床付きの面に撥水剤を塗って、ざぶんと。
右のは、内側に掛けて、流して、
ひっくり返して静かに縁の部分まで沈めて掛けています。
この作品は、あまりその効果を考えずに掛けました。
釉薬の濃淡を考慮していくと、
さらに趣のあるできあがりになるでしょうね。
Commented by monoraa at 2006-05-13 14:41
■thousand-springさま
ありがとうございます(*^-^*)
これは、テストピース的なものですが、
かわいかったので(自我自賛^^)UPしてみました。
Commented by concept-if at 2006-05-13 22:42
個展会場は、20畳も広さがあるんですね。
展示品数300~400とは、びっくりです。
今後、個展を考えていて、参考に聞いちゃいましたが
規模の大きさにもびっくりですよ。
頑張って下さいね!!

釉薬は、市販のものしか使ったことが無いので
徐々に勉強したいですね。
Commented by monoraa at 2006-05-15 21:23
■concept-ifさま
はーい!がんばりまーす!
今、釉薬は、灰釉を調合中。
もうずいぶん経つけれど、そのうちUPしますネ。

<< ■今日の仕事■ ■やさしい蒼■ >>