◼︎しのぎスープカップ◼︎

b0073179_17383689.jpg
今年のスープカップは、
こんな感じの4色に焼き上がりました。
スープでもカフェオレでも。
一人ご飯の時は、
お茶漬けで使っちゃいます。
秋の夜長の一杯に…(*^-^*)


この作品は、西日本陶磁器フェスタに持って行きます。
9月14日(木)~18日(月)
会場:西日本総合展示場
(北九州市小倉)

■人気blogランキングへ(*^-^*)■

[PR]
# by monoraa | 2017-09-12 17:38 | 器【陶芸】 | Comments(0)

◼︎木の葉長皿◼︎

b0073179_12325482.png
木の葉長皿。
落ち着いた趣のあるお皿です。
和でも洋でも、よく合いそうです。
栗や秋刀魚、サツマイモの
美味しい季節になりますね。
今年のうちの裏山の栗は、
不作のようです。
でも、栗ごはんは美味しいです(*^-^*)



この作品は、西日本陶磁器フェスタに持って行きます。
9月14日(木)~18日(月)
会場:西日本総合展示場
(北九州市小倉)









[PR]
# by monoraa | 2017-09-08 12:32 | 器【陶芸】 | Comments(0)

◼︎ねこ皿◼︎

b0073179_11042389.png
俺たちは、猫である。
髭は、まだない。
大きさは、
いちじく位の皿である。
俺たちは、笑わない。
生きてゆく上で、
必要な時しか笑わない。

なんちゃって(*^-^*)
男前の猫皿、焼けました。
これは、豆ねこ皿。
他に、中ねこ皿・大ねこ皿があります。

*この作品は、
西日本陶磁器フェスタに
持って行きます。
9月14日(木)~18日(月)
会場:西日本総合展示場
(北九州市小倉)


[PR]
# by monoraa | 2017-09-07 11:04 | 器【陶芸】 | Comments(0)

◼︎三日月のお皿◼︎

b0073179_09570821.png
三日月のお皿が焼けました。
しっかりした大きさがあるので、
三種盛りもできます。
何色の釉薬を掛けようか、悩みました。
が、お月様なので、
やはり お月様色にしました。
食欲の秋ですね(*^-^*)
美味しいご馳走を盛り付けて下さい。

*この作品は、
西日本陶磁器フェスタに
持って行きます。
9月14日(木)~18日(月)
会場:西日本総合展示場
(北九州市小倉)


[PR]
# by monoraa | 2017-09-06 09:56 | 器【陶芸】 | Comments(0)

◼︎グラタン皿◼︎

b0073179_09270381.png
グラタン皿。
一人用です。
麦の印を入れています。
グラタンが恋しい季節
(*^-^*)


 .




*この作品は、
西日本陶磁器フェスタに
持って行きます。
9月14日(木)~18日(月)
会場:西日本総合展示場
(北九州市小倉)


[PR]
# by monoraa | 2017-09-05 09:26 | 器【陶芸】 | Comments(0)

◼︎お花のココット◼︎

b0073179_12383496.png
お花のココットが焼けました。
チーズ焼きやミニグラタン、
デザートなどに
いかがですか(*^-^*)
黒色とクリーム色の2色です。
耐熱皿なので、オーブン・直火 O.Kです。
洗うのは、食洗機 O.Kです。




*この作品は、西日本陶磁器フェスタに持って行きます。
9月14日(木)〜18日(月)
会場:西日本総合展示場
(北九州市小倉)


[PR]
# by monoraa | 2017-09-04 12:41 | 器【陶芸】 | Comments(0)

◼︎重ねる器◼︎

b0073179_22034457.jpg

毎日の食卓。
忙しさを感じる中、
家族のために料理を作る。
その日の気分で、
塩加減、味加減が異なり、
火加減も違う。
でも、器を一つ合わせる事で、
“自分のための”ゆとりができる。
選ぶ楽しみ、合わせる喜び。
時には重ねて、特別な気分を。

■人気blogランキングへ(*^-^*)■


[PR]
# by monoraa | 2017-08-26 21:49 | Comments(0)

◼︎西日本陶磁器フェスタに出展します◼︎

b0073179_00322137.jpg

いよいよ近づいてきました!
9月14日から北九州市小倉で開催される
西日本陶磁器フェスタのご招待はがきが
ございます。
一枚で2名様、無料でご入場でき

*配布受付は、終了しました。

■人気blogランキングへ(*^-^*)■


[PR]
# by monoraa | 2017-08-23 00:27 | スケジュール | Comments(0)

◼︎クロスのコースター◼︎

b0073179_20071360.jpg

クロスのコースター。
布地は、リネン、ウール、ツイル。
秋から冬へと移り行く季節に、
器と合わせてみようかな。

作陶の合間に…と言いたいですが、
子ども達に宿題をさせながら、
にらみを利かせながらのミシンです(*^-^*)

*こちらのコースターは、9月14日から北九州市小倉で開催される西日本陶磁器フェアに持って行きます。


■人気blogランキングへ(*^-^*)■









[PR]
# by monoraa | 2017-08-18 20:06 | Comments(0)

◾︎ラスコー展◾︎

b0073179_15455420.jpg

b0073179_15455434.jpg

b0073179_15455540.jpg

九州国立博物館へ
ラスコー展を観に行ってきました。

クロマニョン人は芸術家だった!

すごいのです。
ヨーロッパでは、4万5000年以上前のネアンデルタール人(旧人)の文化に芸術的要素は見当たりませんが、クロマニョン人が現れると状況が一変しました。

石器なども、突然、繊細に、薄く、美しく、そして小さくなるのです。動物の骨から縫い針(現代と同じ形!)も削り出し、トナカイの革で、服や靴を縫ったり、装飾品やボディペイントで飾ったり!

とても手先が器用だったことをうかがえます。

彼らはラスコー洞窟の暗闇を照らすために、動物の脂に火をともすランプを使っていたそうです。驚きです!(国宝級のランプの本物が観られます。)

壁画を描く顔料は、精製した黄土(オーカー)で、明るい黄色、赤、琥珀色まで様々な色があり、ラスコー洞窟内で発見されたそうです。
この原料は、現代の陶芸でも使われているものなのではないかと思われます。

クロマニョン人の文化の奥深さに触れ、その技術・繊細さ・造形のユニークさを堪能しました。

ぜひ、行ってみて下さい(*^-^*)

■人気blogランキングへ(*^-^*)■


[PR]
# by monoraa | 2017-08-15 15:43 | Comments(0)